中国は、資本家の楽園?

中国は、建前は社会主義を掲げ、改革開放は、どのように改革開放されたでしょうか?

社会生産力の向上で、一般民衆は生活水準は向上されたことは否定できない。
しかし貧富の差は、アメリカ以上に開け、社会不安の要素になり、
労働条件、教育水準、医療水準は大幅下がったことも事実です。

毎年GDPは10%成長したのに、一般民衆の収入は殆ど上がらない。
その毎年向上した10%分、殆ど特権階級、中外資本家に取られた。

特権階級は、権力を利用して、土地などの取引で大金を儲け、十分汚職してから大金を持ち海外逃亡し、アメリカなどの民衆主義の国に庇護され、裕福の逃亡してを過している。

外国の資本家は、中国の外資優遇制度を利用して、製品を極安で海外関連会社へ輸出し、生産は赤字を見せかけ、海外の販売で大儲け。結果的に、中国民衆の税金泥棒の行為をしている。

中国(台湾も含め)の資本家は、中国に労働組合がない、国も関知しないという点を利用して、安い賃金で、労働者を長時間労働させ、また大儲けしている。

先番、アメリカで結構安い賃金の雇用主としてイメージ悪いのWalmartは、中国納入会社に査察いれ、労働条件を指摘し、労働者賃金が上げられ大歓迎されたの報道はされた。つまり、中国(台湾も含め)の資本家は、アメリカの資本家以上に、労働者を苛めている。

今日は、またApply社の査察いれ、台湾資本家は中国の労働者を安い賃金長時間労働の実態を明らかになった。

8月18 日,苹果公司针对富士康在深圳的工厂状况发布了一份报告。该报告中称:调查小组发现,该供应商复杂的工资结构,明显违反了苹果公司的供应商行为准则《Supplier Code of Conduct》(下称《行为准则》)的相关要求。

同时,调查还发现,富士康员工的加班时间超过了《行为法则》有关最高每周工作60小时、至少休息一天的规定。通过检查不同生产线上7个月的换班记录,苹果公司发现,这段时间内,富士康员工平均每周工作时间超出了35%,其中四分之一的员工极有可能连续工作6天以上。

报道血汗工厂记者财产被封 创全国最大索赔额案

そのきっかけは、中国《第一財済日報》两記者、《富士康員工:机器罰你站12小時》のレポート。
その関連報道(?)で、Apply社の査察を引き金になったらしい。

今年6月11日英国的《星期日邮报》在其一篇题为《iPod之城》的报道中,披露了富士康深圳代工厂制造iPod所雇佣的女工,往往每天工作15小时,所赚得的月薪却只有27英镑(约合人民币387元)。这篇报道迅速引起全球关注,并促使多家关注工人权益的国际性非政府组织发出号召抵制苹果产品。该文还直接引发了苹果派出规模庞大的调查团,进驻富士康深圳工厂,展开全方位的有关工人待遇的调查。

しかし、その両記者は、富士康にすべての財産は凍結され、3000万元(約5億円)の賠償を求める訴訟された。

その富士康は、日本でも報道された、急成長した台湾鴻海精密工業股份有限公司の大陸子会社、
せいせいiPodのなど、小型電子機械の筐体くらい、なぜそこまで儲かるか、ちょっと不思議と思ったけど。
やはり中国大陸に安い賃金長時間労働に耐えるの労働者が大量存在するは大きな原因。
(富士康の会社名も怪しい、台湾企業なのに、あたかも日本企業の名前を被ってる!)

だから、中国は、資本家の楽園に間違いに無いである!

そのため、中外資本家は、口を揃って中国の投資環境が悪いと文句するにも関わらず、
中国大陸から撤退はしない、逆に投資を増やしている。

一日15時間労働、月の賃金はせいせい27ボント(約387元、または5000円相当)、酷いわ!
南米資本主義はなぜ北米の資本主義に負けたか、労働者権利の保護は大きな差があったから。
中国はなに主義でもいいけど、労働者の権利をしっかり保護するべきである!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *